テントキャビン

テントキャビン、コテージ、バンガローは究極の夏休暇になるかもしれません。そして今は来年に向け土地を有効活用するための計画を立てるのにいい時期です。

アウトドアルームとグランピング(別名グラマラスキャンピング)の人気のおかげで、あなたのアイディアが実現するときです。2つ目の家を建てたり、ゲスト用のベッドルームをもともとの家に増築する代わりに、ある人は高級なアウトドア用のテントバンガローを使って休暇用の家をキッチン/お風呂の周りに設営したり、居心地のいいテントを裏庭に建てたりします。また家を建てる前にテントバンガローを使って田舎風の家を経験し、家を建て終わったらゲスト用として使います。ここではこれらを始めるためのテントキャビン、コテージそしてバンガローなどを紹介します。

リライアブルのテントとテピィー

リライアブル。モンタナ州ビリングスに本社を置くリライアブルは、個人のハウスオーナーに加え、グランピングリゾートであるコロラド州ダントンホットスプリングやモンタナ州パウズ・アップリゾートのためのテントやテントキャビンを生産しています。(このページの一番上の写真がそうです。)過去10年間でグランピングやテントキャビンマーケットはリライアブルの事業の50%まで成長しました。リライアブルの社長デービット・ネマーは「人々は不便なキャンプ生活ではなく、贅沢なキャンピングにとてもわくわくします」「そしてそれが自分の家の裏庭で出来るのです」といいます。

リライアブルのテントは防水・防カビが施されたキャンバス生地から作られており、防炎加工はオプションです。リライアブルの一番人気のテントの大きさは16×20、16×28、18×22フィート(1フィート=30.48cm)です。ネマーによると、15×18フィートのテントだとクイーンサイズのベッド、座るスペースと暖炉でカップルに理想的なサイズだそうです。フレームのオプションは木製ログ、鉄、アルミニウムがあります。費用は4,000ドルから14,000ドルで選んだフレームにより違います。(木製ログの場合が一番高いオプション金額です)。鉄(もしくはアルミニウム)のフレームは持ち運びの必要性があるテントキャビンにおすすめです。取り付けにかかる時間はテントの大きさによって違います。鉄フレームのテントは組み立てるのに大体2人掛りで5時間から6時間かかります。木製ログフレームのテントの場合は、ログが別のところから取り寄せになるので設置に数週間かかります。ログが一度到着してしまえば、2人で4時間から5時間程度でテントキャビンは立てることが出来ます。リライアブルは2017年に、18×24フィートのテントで直径が4インチの木製ログと15個のオリジナルに溶接された鉄の取り付け金属を含んだ新しいテントキャビンキットを紹介しています。費用は8,000ドルで木製の土台は別途、自分で資材を調達し作る必要があります。

スウィートウォーターバンガロー

サンセット誌は2007年に真ん中のキッチンとお風呂を土台とし、その回りにスィートウォーターバンガローを使った夏休暇用の家を試作しました。この試みは大成功し、このバンガローの人気は広がりつつあります。カリフォルニア州トラッキーを拠点としたスウィートウォーターバンガローのオーナーの一人で、社長であるブレア・パターソンは「新たな四角い部屋を現在ある家に増築する代わりに、私たちのテントはより手ごろな価格で、特定の用途に合わせたスペースを提供することが出来る」と言います。

スウィートウォーターバンガローキットは組み立てが簡単で、半永久的、持運び可、維持するのに手がかからない、環境に優しい、すべての地域や気候に適しており、比較的お手頃だとパターソンは言います。それぞれのテントキャビンにはトウヒ材のフレームと亜鉛メッキ鋼の取り付け金属、ポリビニールとキャンバス生地のテント、フライシート、3~4つの窓、36もしくは72インチ(1インチ=2.54㎝)のドア、さまざまな部品、デッキプランとステップごとに書かれた組み立て説明書が含まれています。バンガローは10×10、12×14、14×20フィートの3サイズあります。フレンチドアやダブルフレンチドアなど他のオプションも可能です。パターソンによると、10×12フィートや12×14フィートのバンガローは1人から2人で6時間から8時間で立てることができ、14×20フィートのバンガローは2,3人で10時間から12時間で設置できます。スィートウォーターの最新のバンガロー、ビスタ(写真上)は布地や色、他のカスタマイズが利用可能です。金額は4,500ドルから10,000ドルでテントキャビンの土台は含まれていません。

レイニアウォールテント

また同じようにサンセット誌で注目されているのは、ワシントン州タックウィラのレイニアウォールテントが出している100%コットンダック地で出来ているレイクデールとデナリという2つのテントコテージです。

レイクデールは米松をフレームとし、3つのメッシュ窓とテントスタイルのドアが特徴です。4×4フィートのガラス窓と防風ドアはオプションです。

デナリは米松フレームに4×4フィートのガラス窓、メッシュの防風ドアがついています。どちらのテントもオプションとして強風のためのルーフケーブル、ダブルフレンチドアや内側にミニブラインドがついたデラックスダブルフレンチドアがあります。レイクデールとデナリコテージは10×12、16×20フィートのサイズ展開です。完成するコテージキットの金額(テントの土台除く)は、5,000ドル以下から7,500ドル程度で、木枠梱包費用は含んでいません。

コロラドユートカンパニー

コロラド州モントローズ拠点のコロラドユートカンパニーは防水、UV加工、防カビ、防炎加工が可能な100%コットンダック地で出来ているシマロンウォールテントを出しています。

サイズは10×10フィートから16×20フィートで金額の幅は755ドルから2,065ドルです。フライシート、窓、蚊帳、ポールセット、デッキの金属類は別売りで、テントの土台は含まれていません。

追加情報

モンタナ州ベルグレードにあるモンタナキャンバスは、16×20、16×23フィートのキャンバウォールテントを920ドルから販売しています。アルミニウムのフレーム、フライシート、追加のアクセサリー類は別売りです。アイダホ州モスコーのウォールテントショップでは8×10フィートのキャンバステントを450ドルで販売しています。フライシート、フレームキット、窓、他のオプションは別売りです。コロラド州デンバーのデービステント&オーニングではキャンバスダックウォールテントを8×10フィートから16×20フィートのサイズで350ドルから1,200ドルの間で販売しています。テントのフレーム、フライシート、窓、日よけ、他のオプションは別売りです。そしてユタ州ソルトレイクシティのカークムアウトドアプロダクトにはキャビンスタイルのキャンバスウォールを特徴としたテントが8×10フィートから16×20フィートまであります。ファスナー付きのメッシュのドアと三角形の窓は付属で、フライシート、スチールフレームと追加の窓は別売りです。またイーベイやクレイグリストなどのWebサイトでは米国農務省林野部や軍が使用したテントの売り出しもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする